ウーマン

家族に迷惑をかけないように生前整理をしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 自分で自分の持ち物を整理

自分で自分の持ち物を整理

段ボール

不要なものは捨てる勇気を

生前整理とは、自分が生きているうちに自分の持ち物を整理することです。何でももったいないととっておいてしまうと、自分の死語、残された家族が遺品整理に苦労します。そうならないために生前整理を行います。また、生前整理によって必要なものだけになると、部屋や家全体がすっきりするので、自分の余生を充実させることにもつながります。整理という言葉がありますが、物を整理するだけでは生前整理とはいえません。不要な物は処分する勇気も必要です。特に衣服や思い出の品については、捨てるのを躊躇してしまう人が多いのですが、一年以上着ない服は捨てる、思い出の品は写真にとってから捨てるなどルールを決めて整理するとはかどります。

残したいものを選ぶ

生前整理では、不要な物の処分と、財産の整理が主なポイントになります。このとき、不要な物の処分に時間がかかる人がとても多いです。不要な物の処分と考えるとなかなか進まないことが多いので、残りの人生で残したい物を選ぶというふうに考え方を変えるのがおすすめです。残りの人生に何がいるかと考えると、意外に必要なものは少ないことに気づくでしょう。いるかいらないかわからないけどとりあえず取っておくものは今後の人生に必要といえるでしょうか。こうした考え方の切り替えで生前整理は進めやすくなるはずです。業者を利用するのもよいですが、その場合は信頼できる業者を探しましょう。自宅に入ってもらうことになるので、きちんとした業者かを見極めて選ばなければなりません。