ウーマン

家族に迷惑をかけないように生前整理をしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 自分と向き合える終活

自分と向き合える終活

作業員

遺族間のトラブル回避術

人は、人生において結婚や出産などの生活の変化があるときに、荷物が増える傾向があります。長い人生において捨てられずに残してある荷物は数多くあると思いますが、その荷物を置いて他界してしまったら、遺族は悲しみの中で葬儀後に遺品整理に取りかからなくてはいけません。最近では、その遺品整理にかかった費用を親族間で押し付けあったりするトラブルも発生しています。このような事態を避けるには生前整理を行い、自分の亡き後に発生する遺品整理の遺族負担を少しでも抑えるために、元気なうちに自らの手で身辺の荷物などを整理するのが終活のひとつ、生前整理です。また、この生前整理などの終活は以前では「死の準備」のように思われてきましたが、現在はそうではありません。身辺を整理してこれからの人生を気持ちよく過ごす為の活動とされています。

一旦歩みを止めて

生前整理は、故人の遺品となる物を生きているうちに整理する事で、遺族が楽になる活動だと思われがちですが、なにも高齢者だけが行うものが生前整理ではありません。人生、生きていくうえで様々な壁に突き当たることで、真剣な悩みを抱えたりノイローゼ気味になってしまうこともあると思います。このような、ふとした事がきっかけで足元が見えなくなってしまっている方などが、生前整理をして自分と向き合う時間を取ることで、活力を取り戻したケースもあります。生前整理には終活としての身辺整理や、長い人生においてちょっと歩みを止めて、自分が今まで生きてきた証と向き合う時間を作る事で、これからの人生の新たな出発点に立つ決意が出来る効果もあります。